子供英会話 何歳から始める必要が?お役立ち情報

アメリカの子供は英会話をアルファベットから覚えるの?

オンラインレッスンで英語

日本の子供が英会話を習い始めるとき、まず最初に覚えるのはアルファベットであることが多いようです。つまり、文字から覚えるわけですが、英語は文字と発音の関係性が複雑な言葉です。
アルファベットを単独で覚えることが、単語の発音に直結しません。単語でアルファベットを覚えるのが、後に英会話の上達につながります。

 

単語でアルファベットを覚える時に大切なのは、同じ発音を持つ単語をグループにして覚えることです。例えばAですが、apple(りんご)の頭文字のAの発音と同じAを頭文字に持つ単語、ant(アリ)、animal(動物)などをグループ化してAという文字を覚えるのです。
Aには他の発音もあります。例えばangelのAはappleのAと発音が違うので、グループ化してしまうと子供を混乱させてしまいます。

 

同じ発音を持つアルファベットで構成される単語をグループ化して英単語を覚えると、効率的なのです。

 

このような英語の学習法はアメリカではフォニックスという名前で呼ばれ、小学校低学年で授業が行われています。

 

日本の子供の英会話教育にもこのメソッドは有効ですが、十分に英語の音声を聞き慣れた後に行う必要があります。子供がアルファベットを覚える以前に、英語を音声でインプットしておく必要があるのです。文字を覚える3歳以前に正確な英語の発音を聞かせておくことが、子供の言語回路の発達に良い影響を与えます。

 

 

 

 

おすすめ子供英会話教材

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

 

 

おすすめ子供オンライン英会話

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

 

お父さん、お母さん必見!新しいこども英会話リップルキッズパーク