子供の英会話 日本語と英語

日本語と英語、どちらを優先して教える?

英会話,日本語,英語

日本で生まれて日本人の両親を持った子供にとっては、日本語の習得が先決です。正しい日本語が話せれば、英会話の習得にも有利に働くからです。

 

表現力の豊かな子供に育てることが、英会話の基本にあるのです。英語の特長は、主語をはっきりと表現するということにありますが、日本語は主語を省略することが多いです。

 

日本語を話すときにも、主語をはっきり述べさせるように指導する必要性があるのです。英語では5W1Hとよく言われますが、日本語でもそれは同じです。

 

Whyなぜ、Howどうやって、Whoだれが、What何を、Whenいつ、Whereどこで、といった会話の基本的な要素をつねに意識する習慣をつけておくことで、簡単に日本語から英語に移行できるのです。

 

日本語を話すときにも、わかりやすく話すには5W1Hが有効です。

 

子供が何かを話したら、どうしてそうなのか?どうやってそうなるのか?いつどこでそれは起きたのか?誰が何をしたのか?などど基本的な質問をしてあげると、子供の論理的な思考を発達させることができます。

 

英語圏の子供は、最初は二語や三語のフレーズから言葉を話し始めます。日本人の子供にもたくさんの二語や三語のフレーズを聞かせるのが効果的です。

 

家庭で普通に話すのは日本語で、その中に英語の環境を取り入れることが必要なんです。
子供が小さいころからできるだけ英語のCDを流して、常に英語が耳に入ってくる環境を作ることが大切です。

 

日本人として育つためには日本語をしっかり話すことが最優先ですが、その中に英語を入れることは全く問題ありません。

 

子供の頭は柔軟です。
日本語と英語、両方の環境さえあれば自然にそれを受け入れることが可能です。

 

日本で生活していれば日本語は普通に覚えていきます。
英語はそうはいきませんので、親が出来るだけ積極的に英語の環境を与えてあげる努力が必要です。

 

 

おすすめ子供英会話教材

 

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

 

 

おすすめ子供オンライン英会話

 

子供のためのオンライン英会話 GLOBAL CROWN

 

お父さん、お母さん必見!新しいこども英会話リップルキッズパーク