英会話の言葉 英語 

英会話はネイティブの子供たちと遊ぶと上達する

赤ちゃん 言葉 英語 

 

子供と散歩していたという状況があったとします。
公園のベンチに座っていると鳥が飛んで来ました。

 

母親が「Tori」と言って子供に聞かせると、子供は空を飛んでいるものを「Tori」だと認識して言葉を覚えます。

 

鳥が飛んでいるのを見るたびに、「Tori」と子供は言葉を発するようになります。

 

そして公園から帰る途中、空を飛行機が飛んでいました。
それを見た子供はまた「Tori」と言ったりします。

 

これは子供の認識してとしては間違っていません。

 

空を飛んでいるものはすべて鳥と思っているからです。

 

鳥と飛行機、どちらも空を飛んでいますからその点では同じなわけです。

 

このように、鳥と飛行機の区別がつかない時期は、当然ながら、英語と日本語の区別も子供にはつきません。

 

赤ちゃんの言葉は外国語と日本語の区別がつかない時期に外国語教育を始めるのが最適です。

 

外国語という認識が出来てしまうと、すでにそこには外国語の壁が出来てしまっている状態だからです。

 

外国語という概念を獲得してしまっていることが、外国語習得の障壁となってしまうのです。

 

外国語という認識を子供が持つ前に親は子供に外国語を教えてあげることが望ましいのです。なぜなら、一番学習効果が上がる時期だからです。

 

鳥も「bird」も子供には同じです。鳥が日本語で、birdが英語だと言う認識がないため、同一平面上で子供の記憶に残るのです。

 

この方法を親が実践できれば問題はありませんが、やはり、プロフェッショナルな英語講師に任せるのが一番効果が上がるものです。

 

日本人が子供に英語と日本語を教えた場合、ありがちな間違いは、まず発音の問題があげられるからです。

 

「とり」「バード」と言ってしまうと、たいていバードの発音がカタカナ式になってしまうので、子供の聴覚には良い影響を与えません。

 

最初にその単語を聞いたとき、それが正しい発音で耳に届いていないと、後になって子供は混乱してしまいます。

 

こうなってしまってから発音を矯正するのはとても困難です。

 

子供は身の回りのたくさんの事物について反応を示しますが、それを表現する手段としての語彙は豊富ではありません。

 

逆に語彙が豊富にならない赤ちゃん期や幼児期だからこそ、家庭における正しい英語教育が必要になってくるのです。

 

英語を教えることができる親はたくさんいるのですが、大人になってからも役立つように正しく教えることのできる親はとても少ないと言えます。

 

やはり、経験と才能豊かなプロフェッショナルな英語講師に任せることが、一番確実で信頼できる方法です。

 

とは言ってもなかなか自分の家の近所には良い英語教室が見つからないことも多いものです。

 

そんなときには、やはり子供英語教材やインターネットレッスンがオススメです。

 

比較的安価で、高品質な英語レッスンが家庭にいながら受けられるのです。

 

子供にとって、親から長時間離れているのは、心理的に不安を伴うものです。でも子供英語教材なら家でお母さんと一緒にできるし、ネットレッスンも親が隣にいるので、子供は不安を感じることがありません。安心できる環境にいてこそ、学習は功を奏するものです。

 

子供英会話教材は全額返金や、ネットの英会話レッスンはもちろんトライアル期間が設定されていますから、そのシステムや料金に不満があれば、返金したり、トライアル期間中に解約できるので料金は発生しません。

 

これなら、効果が出そうだと判断したら契約すればよいのです。

 

判断の基準としては、子供が楽しんでできるか、子供の個性を重視したレッスンを行っているかという点です。

 

子供には画一的なレッスンは効果が上がりません。

 

子供には皆それぞれ違った好みがあり、性格も様々です。
そこを見極めてレッスンを選びましょう。