7+バイリンガル 七田式英語の英語教材おすすめを紹介します

 

 

 

7+バイリンガルの七田式 英語教材は英語耳を育てる

 

7+バイリンガルについてくるもの

 

  • イラスト集 36ページ
  • 英文テキスト集 73ページ
  • CD 14枚 各25分〜45分
  • ぬりえ 38ページ
  • English CD 1枚  45分
  • 使い方マニュアル 27ページ

 

この中で英文テキスト集とCDを使ってフレーズを覚えていくのですが、ここで選ばれているフレーズがとてもよく出来ています

 

子供に使える綺麗な英語を覚えさせるためには選択する英語教材がとても大切です。
ほとんど使うことのないフレーズや、発音が悪かったりしても子供はそのまま覚えてしまうのです。

 

特に子供の頃に聞く音は大きくなっても影響があるんですね。

 

それはうちの子供で発見しました。

 

私は海外に住んでいます。
子供は海外で生まれ育ちました。

 

多民族国家の国のため小さい頃からたくさんの言葉を聞いて育ちましたが、テレビや音楽はアメリカのものがほとんどです。
多言語で育ったため母国語がないと心配していましたが、話す相手に合わせてたくみに言葉を変えています。

 

高校を卒業してからオーストラリアへ留学しました。
大学準備コースを卒業後そのまま大学へと進学。今オーストラリアの大学で勉強しています。

 

ある日電話で子供がこんなことを言ってきたのです。

 

「こちらの人と英語を話すとアメリカから来たのとよく聞かれるんだよね」

 

アメリカ!?」

 

と驚きましたが、よく考えてみると子供は小さい頃からテレビでアメリカ番組をみて、ラジオでアメリカ音楽を聴いていたのです。

 

うちの子にはアメリカ英語の耳ができていたという事ですね。

 

日本語耳で大人になるまで育った私はいくら同じようにしていても一向に日本語英語の発音が抜けません。

 

子供の耳ってずっと影響があるんだということを思い知った瞬間でした。

 

その頃から周りの知り合いで小さいお子さんがいる方にいつも英語を聞かせることを訴えています。

 

英語耳って本当にあるんです!

 

子供英会話学習の詳細がわかる

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

 

7+バイリンガルの七田式 英語教材で英語のある家庭にする

 

日本人の子供に英会話を教えていた時期がありました。
子供には出来るだけその日の短文をリピートさせて定着させようとしましが、週に1,2度45分間のレッスンで定着させるのは無理でした。

 

言葉を覚えるためには何度も何度も繰り返しそれを自分のものにしてしまう必要がありますね。

 

それには家庭で英語環境を作るのが一番重要です。

 

子供には英語は勉強するものではなくて、普段の生活の中に溶け込んでいるものにしないと定着はできないでしょう。

 

そんな大切な英語の環境ですがこれもしっかり選んでいく必要があります。

 

英語の音を聞かせるために英語の映画をずっと見せていたとします。
映画にもよりますが、映画の中で話される言葉は綺麗なものばかりではありませんし、俗語も含まれます。

 

ひょっとしたら間違って聞き取って覚えてしまっているのもあるかもしれませんが、それを使っても親が子供の間違った英語を正せないとそのまま覚えてしまいます。

 

そういうことを防ぐためにも、ちゃんとした英語の教材を使って英語の環境を作る必要があると思うのです。

 

7+バイリンガルの七田式 英語教材がおすすめなのはここで選ばれているフレーズが厳選されていると思うからです。

 

たとえば公式サイトでも紹介されているこんなフレーズです。

 

Hi. Can I ask you something?
Yes.
Are you from Japan?
Yes. Why?
Because you were talking to yourself in Japanese.
Oh, do you know Japanese?
Yeah, I know a little Japanese.
Great!

 

何気ない会話ですが、単語を入れ替えるだけでいろいろなシチューエーションで使えるフレーズが選ばれています。

 

こういったフレーズを選ぶのは簡単ではありません。
英語が話せても、じゃあいつもよく使うフレーズを教えてと聞かれたときどれがそうなのかと選ぶことは出来ません。

 

これは七田式が45年以上かけて39万人以上の生徒を教えてきたデータを集めて研究開発してきたからこそできるのだと思うのです。

 

7+バイリンガルの七田式 英語教材を使えばある程度の英会話はできるようになるでしょうし、バイリンガルになるための英語耳を育てることも可能だと思います。

 

ただもちろんこの教材だけでバイリンガルのように英語がペラペラになるわけではありません。

 

この教材を英語への第一ステップにし徐々に英語のフレーズと単語数を増やし、大きくなってきたら英文法も取り入れながら英語と取り組んでいけばいいのではないでしょうか。

 

まずは第一ステップを踏み出すことからはじめてみませんか。

 

子供英会話学習の詳細がわかる

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら