赤ちゃんの英会話はいつから

目次

 

1.赤ちゃんの英会話はいつから始める

 

2.赤ちゃんの英会話は教材のCDを使って家で繰り返し聞かせる、そんなおすすめの教材はこちら

 

3.赤ちゃんの時に聞いた英会話が大切だと感じた瞬間

 

 

赤ちゃんの英会話はいつから始める

 

赤ちゃんの英会話はいつからはじめるのが一番いいのでしょうか?

 

赤ちゃん 英会話 何歳

そもそも赤ちゃんに英会話を始めるのは必要なのか。

 

日本に住んでいると英会話の必要性はさほど感じないかもしれませんが、これからの日本は日本だけではやっていけません。

 

少子化が進み人材不足、国内での消費が減れば海外に頼るしかありません。

 

こらはもう誰もがわかっていることのはずですが、日常生活を送っているとついこのまま過ぎていくような気がしてしまいます。

 

私は海外に住んでいるのでその状況がよくわかります。
そして日本人が英会話を始める必要性を強く感じます。

 

赤ちゃんの英会話はいつからはじめるのか。これは早ければ早いほどいいのです!

 

大人になってから言葉を覚えようと思うとかなりの努力が必要です
でも柔軟な頭の子供特に幼児期なら、英会話の環境さえ与えてあげれば自然と身に着けていくのです。

 

うちの子供たちは英会話スクールや語学学校へ通うことなく、複数の言葉を話すバイリンガルというかマルチリンガルです。

 

どうしてそんなことができたのか。

 

それは赤ちゃんの頃から複数の言葉を聞く環境にあったからです。
こちらの子供はほとんどがマルチリンガル、それが普通なんです。

 

子供に英語を話させたいと思ったら、できるだけ英語の環境を与えてあげること、それしかありません。

 

赤ちゃんの時から日本語と同じように英語で話しかけてあげれば自然と英語を話すようになります。
だけどほとんどの親は英語で話しかけられないから困っているんですよね。

 

そういう時は英語の教材を使って始めるのが一番です。
日本にはきちんと研究された教材があります。

 

英語の教材についてくるCDを赤ちゃんの時から繰り返し聞かせたり、話し始めたら親と一緒にそれを繰り返せば親が話せなくても家庭である程度の英語の環境を与えてあげることができると思うのです。

 

赤ちゃんの頃からきれいな英語の発音を聞くことは英語耳を育てるためにとても重要です。

 

 

赤ちゃんの英会話は教材のCDを使って家で繰り返し聞かせる、そんなおすすめの教材はこちら

 

 

 

子供、特に赤ちゃんの英会話を始めるのにおすすめが7+BILINGUAL【七田式】

 

赤ちゃんや子供には英語を教えるというより、その子が持っている英語のスイッチを入れてあげることです。

 

この英語のスイッチはどの子でも持っています。英語の環境さえあればこのスイッチは作動します。

 

七田式の七田眞さんは子供は語学の天才だと言っています。

 

日本の子供は日本語を自然に覚えます。これは英語でも同じです。

 

7+BILINGUAL【七田式】の公式サイトで例に出されている犬。
子供は犬を見て「これは英語でDog」っていうんだよと言われても混乱するだけなんです。

 

だから犬は「犬」、「Dog」だよと2つの単語をインプットします。

 

子供にとって2倍の単語をインプットするなんてどうってことはありません。
そしてインプットする単語やフレーズが増えれば増えるほど英会話として話せるようになるのです。

 

ただこのインプットも無理に聞かせたり、無理に繰り返させたりすると英語嫌いになってしまうおそれがあります。子供が楽しみながら自然に英会話を身につけられるそんな教材が必要なんです。

 

七田式はしちだ教育研究所を設け、45年、39万人の子供と一緒に研究開発しています。
そして子供ができるだけ短い期間に自然と英語を話しだす「バイリンガル・メソッド」というのが開発されたそうです。

 

調べた中でこの7+BILINGUAL【七田式】が子供英会話には一番理にかなった教材で、これならおすすめできると思いました。

 

また『60日間7+BILINGUALを実践したが、英語が話せなかった』場合、購入代金を全額返金してくれますのでとにかく試してみる価値はあると思います。

 

赤ちゃんの時期にはこちらの特典についている全フレーズかけ流しのCDを毎日聞かせ話し始めたらこれを繰り返す。

 

もう少し大きくなったら同封の塗り絵などを楽しむのもいいでしょう。

 

小学生高学年ぐらいまで幅広く使えるこちらの英会話教材は長年研究しつくされた教材なのでこれからもずっと使える安心の教材なので、自信をもっておすすめします。

 

 

子供英会話学習の詳細がわかる

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら

 

 

赤ちゃんの時に聞いた英会話が大切だと感じた瞬間

 

私が赤ちゃんの時に聞いた音がこんなに大切なんだと感じた瞬間が最近ありました。

 

うちの子供は英語圏ではない海外で育ちました。
英語は共通語として使いますが、英語圏ではないためかなり訛りがあります。

 

その訛りを心配しながら英語、日本語で育てました。

 

地元で高校を卒業し、英語圏の大学へ留学することになったのです。
訛りはありますが、学校で英語の勉強をしているため大学入試などは問題ありません。

 

そして旅立って行ってからしばらくした時子供が電話でこんなことを言ってきました。

 

「英語で話すとアメリカから来たのと聞かれる」

 

なんでアメリカ〜?と不思議に思いましたが、ここで思いついたのがテレビの影響です。

 

子供は赤ちゃんの頃からアメリカ番組を見ていました。
ディズニーチャンネルが大好きで、ずっとそれを見て育ちました。

 

大きくなって聴いていた歌もアメリカンポップスです。

 

子供は自然とアメリカ英語の耳が育っていたのです。
そして英語圏に行ってきちんと英語を話そうと思ったとき、赤ちゃんの頃から聞いていたアメリカ英語が出てきたようです。

 

地方の日本人が普段はお国訛りで話すけど、東京に来たら標準語を使うのと同じ現象が子供に起こったようです。

 

赤ちゃんの頃から聞いていた音は本当に大切なんだと改めて思い知った瞬間でした。

 

 

お子さんが英会話を話せるようにしたければ、いつからというのでなくすぐに英語の環境を作ってあげることです。
 
言葉の天才といわれる短い時期にその環境を与えてあげることで、大きくなって英語がすんなり耳に入り、英語で苦労する可能性が減るのです。
 
時間をかけてあちこち調べるだけでは何も変わりません。とにかく行動あるのみ、実行してはじめて結果が変わります!

 

子供英会話学習の詳細がわかる

7+BILINGUAL【七田式】公式サイトはこちら